眼科ドック

当院でも行っている『眼ドック』が2月2日NHKニュースにも取り上げられました。是非この機会に当院にて眼ドックを受けてみませんか?

眼ドックについて

  •  早期発見、早期治療。
  •  より早く病気を見つけて治療に繋げる。
  •  大切な視力を失わない為に。

目は、私たちの身体のなかではとても小さい臓器です。
そのため後回しにされがちですが、実は不具合が起きてからでは手遅れになってしまいます。
「いつもと見え方が違う」「視野が狭く感じる」などの自覚症状がある時はもちろん、自覚症状がなくても定期的に1年に1回は眼ドックの受診をお勧めします。

眼ドックでは、ごく一般的な眼科検査はもちろん、オプションとして、見え方のプロである院長の、より詳細で専門的な検査を受けていただくことができます。

また、日本においては大学病院を含め設置箇所が少ない最新鋭の医療機器 (FAF) を使うことで、見逃されがちな網膜の疾患を早期発見できるようになりました。
大切な視力を失わないよう、眼ドックにてご確認されてみてはいかがでしようか。

眼ドックで発見できる疾患

白内障、緑内障、ドライアイ、逆さまつ毛、円錐角膜、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、高血圧性眼底、結膜炎、眼瞼下垂症、網膜色素変性症、角膜ジストロフィーなど

眼ドックで実施する検査(オプション検査含む)

 屈折曲率検査

近視・遠視・乱視の度数とくろめ(角膜)のカーブを測定します。

 非接触眼圧検査

眼の硬さ(=眼圧)を測り、緑内障などの病気の発見につなげます。

 遠見視力検査

遠方がどのくらい見えるかを確認します。

 近見視力検査

老視の程度を測定します。

 眼鏡視力検査

使用中の眼鏡・コンタクトが合っているか、またどのくらい見えているかを測定します。

☆角膜形状測定

くろめ(角膜)をコンピュータ解析し、円錐角膜等の病気の早期発見につなげます。

 視野検査

視野 (ものの見える範囲) に異常がないかを調べます。
緑内障や網膜剥離 (もうまくはくり) など病気の早期発見につなげます。

 涙液検査

涙量を測定します。ドライアイの診断に用います。

 OCT(光干渉断層計) による網膜の検査

網膜にむくみや出血があった場合は、断層画像からその範囲や深さを測定できるため、緑内障や網膜の病気を早期に発見することができます。

 FAF(眼底自発蛍光)による網膜の検査 ※オプション

網膜の最も深い部分にある網膜色素上皮細胞の乱れは、加齢黄斑変性など網膜の病気に繋がります。
その診断に必要な画像を、造影剤を使わず撮影できる唯一の機械がFAFです。

 細隙灯顕微鏡検査(さいげきとうけんびきょうけんさ)

細隙灯と呼ばれる拡大鏡により目に光をあて、まぶた、角膜、結膜などに傷がついていないか、炎症はないかなどを調べます。

 精密眼底検査

眼底の血管、網膜、視神経を調べます。網膜剥離や眼底出血、緑内障などの発見につながります。

 眼瞼下垂症相談

加齢によるまぶたのたるみやそれに伴って生じる額や眉間のシワの治療についてのご相談を承ります。

 角膜内皮細胞検査 ※オプション

角膜の凹凸を地図上に解析し、内皮細胞の数や形を測定します。
きれいな角膜内皮細胞が一定量ないと黒目の透明度は維持できません。
病的な乱視の発見や、黒目の病気の早期発見につなげます。

 トポグラフィ ※オプション

円錐角膜の早期発見やハードコンタクトレンズ装用による角膜形状の変化、不正乱視の確認ができます。

眼ドックの料金と所要時間

料金:15,000円 ☆オプション追加5,000円

時間:検査/1時間30分 診察/15分程度

  • 「眼ドック」は自由診療となりますが、眼ドックで病気が見つかった場合には初回診療時より、保険診療が適用されます。
  • 「眼ドック」は完全予約制です。
  •  瞳孔を開く目薬を使いますので、当日はお車や自転車でのご来院はお控えください。
  •  FAF(眼底自発蛍光)による網膜の検査・角膜内皮細胞検査・トポグラフィはオプションです。

医院概要

大森海岸の眼科・内科

大森海岸やまもと眼科内科

[診療科目] 眼科・内科

〒140-0013
東京都品川区南大井3-33-10
NORIビル3階

[TEL] 03-3765-4113

[最寄り駅]

診療時間表

お電話でのご予約を受け付けております。

提携医療機関

スタッフ募集

看護師(パート)

受付、検査募集

院長ブログ

スタッフブログ

ドクターズファイル

品川区ドクターズ

フリーペーパー「ゲンキのモト」にて、当院が紹介されました。

院長監修の眼科トレーニング本「ツムツムで目を元気にする31のかんたんドリル」

おすすめドクター