高血圧性網膜症

高血圧性網膜症について

高血圧症では、血管に高い圧力がかかるため、全身の血管に異常が起こってきます。当然、目の網膜の血管にも異常な変化が起こりますが、それを高血圧性網膜症と言います。
網膜血管の異常は、眼の奥(眼底)を観察すれば発見することが出来ます。高血圧症の人は、よく内科で眼底検査を受けるよう指示されます。また、人間ドックや成人病検診でも眼底検査や眼底写真の撮影が行われます。
それは、全身の中で、直接目によって見ることが出来る血管は「眼球」の中にある「網膜(=神経の膜)」だけだからです。網膜の血管を見ることによって全身の血管の変化を推定することが可能になるので、眼底検査は高血圧症の内科的な診断や治療にあたって、非常に重要になるのです。

高血圧性網膜症の検査と診断

眼底検査を行ったり、眼底写真を見ることによって診断をつけます。
高血圧性の変化としてはまず動脈が細くなりますが、血圧が著しく高くなると出血や白斑(はくはん)、網膜や視神経のむくみなどが生じてきます。

治療の方法

網膜の血管だけを治療することは出来ません。血圧のコントロールなど、内科的な治療が行われます。
高血圧性網膜症は、それ自体が視力を脅かすことはまずありませんが、網膜動脈閉塞症(へいそくしょう)や網膜静脈閉塞症、虚血性視神経症(きょけつせいししんけいしょう)など、視力を低下させる病気の要因になりえます。それらを予防するためにも、全身的な治療が大切になります。
高血圧性網膜症に気づいたら、とにかく高血圧のコントロールや治療が重要です。高血圧症の大部分は生活習慣病ですから、内科の医師の治療と指導をきちんと受け、それをよく守ることが大切です。

医院概要

大森海岸の眼科・内科

大森海岸やまもと眼科内科

[診療科目] 眼科・内科

〒140-0013
東京都品川区南大井3-33-10
NORIビル3階

[TEL] 03-3765-4113

[最寄り駅]

診療時間表

お電話でのご予約を受け付けております。

提携医療機関

スタッフ募集

看護師(パート)

受付、検査募集

院長ブログ

スタッフブログ

ドクターズファイル

品川区ドクターズ

フリーペーパー「ゲンキのモト」にて、当院が紹介されました。

おすすめドクター