小児眼科

小児眼科について

小児眼科は、一般の眼科とは少し役割が異なります。
大人がかかる眼科は目の疾患の治療が主となっていますが、小児眼科ではまだ目の仕組みが完全には発達していない状態での治療となります。
したがって、大きくなってから正常な目のはたらきが出来るようにする、という観点が加わってくるのです。
子どもの視力は、だいたい10歳くらいまで発達しますので、それまでに子どもの目の状態をしっかりチェックして、視力を伸ばすことが将来の「目」および「視力」にとって大切になります。
お子様の目の障害は外見からはわかりにくいため、見過ごされやすく、なかなか気づきにくいものです。 個人差はありますが、3歳くらいになれば、ある程度検査が出来るようになります。

また、当クリニックでは通常検査が困難である新生児・乳幼児の視力検査もお受けいたします。
視力が測定できる年齢になったら、目のはたらき具合を確認するためにも一度眼科でしっかり検査を受けることをお勧めいたします。
当院では、眼科検査のプロフェッショナルである国家資格を持った「視能訓練士(ORT)」が常駐しており、随時検査させて頂きます。

お子様の視力についてこのようなご不安やご心配をされていませんか?

「この子はちゃんと見えているのかしら?」
「私たち(ご両親様)や近親者が近眼だけど、この子は大丈夫?」
「新生児や乳児の視力測定はしてもらえないのではないか?」

新生児・乳幼児の視力検査にも対応

当院では生まれて間もない新生児やまだお答えのはっきりしない乳幼児の視力検査も可能です。
ご不安やご心配がおありでしたら、お気軽に当院にご相談くださいませ。

お子様にこんな様子がみられたら受診しましょう

  •  いつも頭を傾けてものを見ている
  •  テレビを前の方で見るようになってきた
  •  片方の目(よく見える方の目)を隠すと嫌がる
  •  目を細めることが多くなった気がする
  •  子どもの目がなんとなく寄っている気がする
  •  絵本を読んだりすることに飽きっぽくなった
  •  昼間に屋外へ出るとまぶしそうに目を細める

視能訓練士(ORT)による検査

当院では視力測定のプロフェッショナルである視能訓練士(ORT)が常駐しております。
ORTは国家資格者であり、通常困難とされている新生児・乳児の視力測定が可能です。
ORTが、お子様お一人おひとりに合った眼科検査・矯正方法・トレーニング等をご提案致し取り組んで参りますのでご安心下さいませ。
尚、病状から手術が必要と判断した場合は、順天堂大学小児眼科専門外来へのご紹介を致します。

視能訓練士とは

視能訓練士は、国家資格を持つ検査のスペシャリストです。
主な業務としては、眼科医の指示のもとに行う視能検査です。
視力検査、精密眼圧検査はもちろん視野検査、斜視・弱視検査など多岐に渡る検査を致します。
視能訓練士が常駐していることで、困難とされている子供の斜視・弱視や視野の詳しい検査等にも対応することが可能です。
それ以外の検査に関しても高い精度での検査が可能です。

医院概要

大森海岸の眼科・内科

大森海岸やまもと眼科内科

[診療科目] 眼科・内科

〒140-0013
東京都品川区南大井3-33-10
NORIビル3階

[TEL] 03-3765-4113

[最寄り駅]

診療時間表

お電話でのご予約を受け付けております。

提携医療機関

スタッフ募集

看護師(パート)

受付、検査募集

院長ブログ

スタッフブログ

ドクターズファイル

品川区ドクターズ

フリーペーパー「ゲンキのモト」にて、当院が紹介されました。

院長監修の眼科トレーニング本「ツムツムで目を元気にする31のかんたんドリル」

おすすめドクター