花粉症

花粉症について

花粉症とは、スギ・ヒノキ・ブタクサ・カモガヤ・ヨモギ・シラカバなどの植物の花粉が、目や鼻などの粘膜に触れることによって引き起こされるアレルギー性の病気です。


日本ではスギ花粉が最も多く、花粉症の約7割がスギ花粉症と言われていますが、スギ以外にも花粉症を起こしやすい植物の花粉が一年中飛散しています。


目や鼻に以下のような症状がある場合は、早めにご相談ください。

花粉症の症状

目の症状・・・かゆみ、涙、異物感、充血など

花粉(アレルゲン)が目の粘膜に付着すると、目の周りがかゆくなります。 かゆみのため掻いたり、こすったりするとさらに悪化し、結膜や角膜を傷つけ、目がゴロゴロしたり、かすんだり、まぶしく感じたり、痛みを伴ない涙がでることもあります。 さらに重症になると、結膜に浮腫を生じ、まぶたが腫れることがあります。


鼻の症状・・・くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど

鼻の症状は、風邪の諸症状に似ています。


目や鼻の他にも、咳・かゆみ(喉や皮膚)・頭重感・頭痛・倦怠感・不眠・下痢・熱っぽい(ほてり)・イライラ感など、様々な症状がおこる場合があります。

花粉症の治療について

花粉症は症状が悪化すると薬が効きづらくなります。 症状が出る前や早い時期(症状が軽いうち)に薬を使い始めると、花粉の飛散量が多くなる時期でも症状をコントロールしやすくなり、強い薬を使わずに済む場合もあります。 点眼薬もアレルギー症状が始まる2週間前位から開始するとより効果的です。


当院は眼科・内科と併科で診療を行っておりますので、内服薬の調整は患者様お一人お一人の体調に合わせて処方しております。 その他、点眼薬や点鼻薬などを処方しておりますので、花粉症でお悩みの方はご相談ください。


◆ スギ花粉症対策として、1月下旬から2月上旬頃の点眼や内服開始をお勧めいたします。

アレルギー検査

当院では20分で結果がわかるアレルギー検査を行っております。
アレルギー検査でスギ花粉やヒノキ花粉などアレルギーを持っているか、またどの程度のアレルギー抗体レベルなのか症状の原因を知ることは大事です。

検査項目は、ハウスダスト系(ヤケヒョウヒダニ、ゴキブリ、ネコ、犬)、花粉系(スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ)の8項目に限られていますが、これらは代表的なアレルゲンです。

アレルギー症状が気になる方で、検査をご希望の方はお気軽にお申し出ください。


医院概要

大森海岸の眼科・内科

大森海岸やまもと眼科内科

[診療科目] 眼科・内科

〒140-0013
東京都品川区南大井3-33-10
NORIビル3階

[TEL] 03-3765-4113

[最寄り駅]

診療時間表

お電話でのご予約を受け付けております。

提携医療機関

スタッフ募集

看護師(パート)

受付、検査募集

院長ブログ

スタッフブログ

ドクターズファイル

品川区ドクターズ

フリーペーパー「ゲンキのモト」にて、当院が紹介されました。

おすすめドクター