眼鏡・コンタクト処方

眼鏡・コンタクト処方について

眼科専門医による適切な矯正を

コンタクトレンズや眼鏡は、近視や遠視、乱視などに対する治療として一番手軽な矯正手段です。
しかし適切な度数のものを使用しないと、眼精疲労や視力低下、肩こり、頭痛ほか、さまざまな不快症状につながりかねません。
疲労が気づかないうちに蓄積され、全身症状を引き起こすケースもあります。
また、コンタクトレンズは目に蓋をするようにして装着するため、痛みなどの症状に気づかないことも少なくありません。酸素透過率の低い、安価な輸入コンタクト・手軽にインターネットで購入したコンタクトなどを使用して深刻な症状を引き起こしたり、あるいは水道水で洗浄したりしていると、緑膿菌やアカントアメーバなど、角膜に重大な感染症を起こす雑菌や寄生虫を目に取り込んでしまう可能性もあります。
特に若い方がそのような症状をかかえると、高齢になってから白内障やその他の目のトラブルをかかえて手術の必要性に迫られたときに、角膜を痛めてしまっているために、必要な手術が出来ないこともあります。
そうした事態を招かないためにも、コンタクトレンズや眼鏡で視力矯正をする際は、まず眼科専門医にご相談ください。

定期的な検査が大事

また、コンタクトレンズは目にとっては異物ですから、適切なコンタクトレンズを装用し、正しいケアを行わないと、傷・感染症などの障害を起こしやすくなります。
最近、コンタクトレンズにより目の不調を訴える患者様が増えておりますが、眼科医院でのコンタクト処方は、1~3ヶ月分のコンタクトレンズの購入が前提となり、処方のたびに目に傷は出来ていないか、レンズがきちんと目に合っているかを定期的に検査します。
この定期的な検査が大事ですので、当院では日本眼科学会の指導に基づき、コンタクト処方はコンタクトレンズの購入を同時に希望される方のみに行っており、処方箋のみやレンズの購入のみのご希望には対応しておりません。

はじめてのコンタクト

定期検査の大切さ

コンタクトレンズを装用し、正しいケアを行わないと気付かないうちに黒目を傷つけてしまう・感染症などの障害を起こしやすくなります。コンタクトレンズを使用し続けていく中で、定期的に眼科専門医による検査を受け、眼の状態を確認することが大切です。


自覚症状がなくても、黒目に異常は起きていないか、コンタクトレンズの使い方が目に負担になっていないかを定期検査で確認して下さい。


コンタクトレンズの体験談

  • コンタクト屋さん付の眼科に相談したが、もうこれ以上コンタクトレンズでの視力矯正はできないと言われた。
  • 薦められたコンタクトレンズがなんとなくしっくり来ない。
  • 遠近コンタクトレンズを試したいが、相談しにくかった。

実際に当院にご相談いただいた患者さんの生の声です。この様なお悩みも当院にお任せ下さいませ。


質の良いコンタクトレンズ

コンタクトレンズ選びに悩まれている方も多くいらっしゃると思います。 「ハードレンズ」と「ソフトレンズ」ではそれぞれどのような特徴があるのでしょうか? ハードレンズは、固いプラスチックでできており、酸素を通しやすいという特徴があります。 また視力が出やすいので乱視矯正や強度近視にも適しています。


扱いはラクなのですが、硬くて小さいので、激しい動きをすると外れやすい、慣れるまでゴロゴロとした違和感があるという欠点があります。


一方でソフトレンズは、水分を含んだ柔らかい素材なので、違和感が少なくてすみます。 円周が大きく、瞳にフィットするので激しい運動をしても外れにくいですが、長時間使用するとレンズが渇き、涙を吸い上げてしまうため、目の違和感が出てきます。


また、汚れを取り込みやすいため、ケアを怠ると眼病リスクが高くなります。 最近ではシリコーンハイドロゲルという素材を使った、違和感が少なく長時間装用できる質の良いコンタクトが登場し、このレンズは仕事で目を酷使する方や長時間装用が必要な方に向いていると言われております。


眼が乾きやすい方

眼が乾きやすい方は、連続装用タイプのソフトレンズは汚れやすく、寿命が短くなりがちなので、ワンデータイプが楽に使えることが多いようです。


うるおい成分の入ったモイストタイプや乾きに強いシリコンタイプのレンズもお試しください。又、ハードレンズは乾燥が軽いと言われていますが、元来眼が乾き易い方はハードレンズ装用にて異物感を強く感じる方が多い様です。


乱視のある方

乱視に対して、最も矯正力に優れているのは、ハードレンズです。しかし、スポーツをされる方や、ハードの異物感に堪えられない方には、乱視矯正のソフトコンタクトレンズをお勧めいたします。


ただし、乱視矯正のソフトレンズは、眼の中で一定の方向に安定していることによって初めて乱視が矯正されますから、乱視レンズが眼の中で安定しにくい方ではお使い頂けない場合があります。


遠近両用を希望される方は

昔からコンタクトレンズを使ってきた世代の方や、遠視で今まで視力に問題なかった方々が老眼になってきたことにより、各メーカーが揃ってバイフォーカル(遠近両用)レンズの開発に力を入れています。


以前のバイフォーカルに比べると現在のレンズは見え方が格段に良くなっています。 乱視がある方は片眼に乱視用コンタクトレンズを入れ、もう片眼にバイフォーカルレンズを入れることで、遠くと近くの両方を見ることが可能となる場合があります。


バイフォーカルレンズは調整が難しいと言われておりますが、当院には視能訓練士をはじめ、経験豊富なスタッフが常駐しておりますのでいつでもご相談頂けます。


ドライアイへの警戒

コンタクトを使用すると、涙がコンタクトレンズに吸い取られ、涙が蒸発しやすくなり涙の状態が変化しやすく、ドライアイ、あるいはドライアイに近い状態に陥りやすくなります。目が傷つくなどコンタクトレンズ障害の約90%にドライアイの症状が見られます。眼科以外で入手したコンタクトレンズでも、目に異常を感じたら、一度ご相談ください。


医院概要

大森海岸の眼科・内科

大森海岸やまもと眼科内科

[診療科目] 眼科・内科

〒140-0013
東京都品川区南大井3-33-10
NORIビル3階

[TEL] 03-3765-4113

[最寄り駅]

診療時間表

お電話でのご予約を受け付けております。

提携医療機関

スタッフ募集

看護師(パート)

受付、検査募集

院長ブログ

スタッフブログ

ドクターズファイル

品川区ドクターズ

フリーペーパー「ゲンキのモト」にて、当院が紹介されました。

おすすめドクター